パソコンで声明仮譜

「六大新報」平成26年新年別冊に表題の記事を書きました。
南山進流声明の仮譜を作図するパッケージの説明を題材にLaTeXの紹介を含めた内容です。
梵字や声明の仮譜が簡単に描けるのをえさに仏教関係者にもLaTeXユーザーを増やそうというのが魂胆です。LaTeXの簡単な説明の後、總禮伽陀の冒頭部分のLaTeXソースコードとPDF出力を提示し、LaTeXの命令と図の関係を解説しました。ただ、LaTeXを知らない人が編集したのでしょう、細かい所でかなり残念なことになってしまっていました。この記事の中でこのサイトの「LaTeXを使ってみよう」のページを紹介したので読者が「LaTeXを使ってみよう」を使ってくれるよう期待しています。
ここに載せた図は記事中の声明サンプルとして紹介した總禮伽陀の譜です。sourai


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*